ものろぐ

休日とX-Pro2.|前編

久々に予定がない日曜日。自分の気ままに行動できる。

とりあえず気が済むまで寝てみて、目が覚めたらお布団の中でTwitterしながら「そろそろ毛布もしまわなきゃなあ」なんて思い出す。コインランドリーにかけていいのかな、それとも大人しくクリーニングに出したほうが良いのかな。まだまだ分からないことだらけ。

 

前の晩におゆさんがX-T30を買ったというnoteを更新してました。

これを見て一気にフジへ戻りたい気持ちがリバイバル。収まりの良い組み合わせでどこにでも持ち出せる、コンデジとは一味違った写真を楽しめる。ああ、フジのカメラが恋しい。

ここで偉いのはすぐに購買へと走らないこと。ってこれが普通なんですけどね、周りの人たちが軽率にカメラを買いすぎているだけです。

この記事はすべてFUJIFILM X-Pro2による撮って出しの写真によって構成されています。フィルムシュミレーションはお馴染みクラシッククローム。最早こっちがデフォルトといっても過言じゃないかも。

pm1:30 善は急げ。六本木のフジフィルムスクエアへ。

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

フジフィルムスクエアから出てワクワクが止まらない。さて、この組み合わせでどんな写真が撮れるんだろうか。とりあえずシャッターを切りたい。

まあそんな衝動は誰もが一度は通る道ですよね。カメラもレンズも、買ったらすぐその場で使い始めたい派です。

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

お店から出てすぐの所に「解像度を試すため」用の建物があります。便利ですね。

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R
FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R
FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R
FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R
FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

今日は都営地下鉄での移動が多くなりそうなので、一日乗車券を買います。

東京都の発行する都営地下鉄・都営バスが乗り放題のきっぷは700円、東京メトロまで含めた乗り放題のきっぷは900円です。

東京で暮らしはじめてはや4ヶ月。最近やっと地下鉄の路線図が頭に浮かぶようになってきました。

pm2:30 森下駅を下車

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

さて、都営大江戸線森下駅で下車です。東京の東側は地形の高低差が少なく、街区の整備がしっかりしているところが多いので美しいですね。

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R
FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

23mmという画角は慣れ親しんでいるGRよりも少し寄った画角。フルサイズ換算で35mmの焦点距離は普段使っているGR(換算26mm)とNokton40mmの中間くらいといった感覚です。

日常使いにちょうど良い画角ですね。

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R
FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

蝶々に出会いました。そーっとそーっと近づきます。このときばかりはもう一歩寄りたい!と思いますね。中望遠とか使うと見たことない世界が見えそう。

ただ、これはこれで良いんです。私の写真をとる軸は「自分の行動と紐づく世界線」。どこで何をしていたかという記憶とリンクすることが大切なので、見ていた景色に近ければ近いほど正解です。

次回予告

 

FujifilmX-Pro2 + XF23mm F1.4R

本日の目的地、喫茶ランドリー。喫茶なの?ランドリーなの? といった疑問は次の記事にてお話しましょう。