ものろぐ

もの×おぐろ pre.「 #ものくろくらぶ 」を開催しました!

いつもものろぐをご覧いただきありがとうございます。

ものです。こんにちはー!こんにちはー!

 

今日から待ちに待ったGW突入です。この日を楽しみに今月は頑張ってこれました。

現代では様々な働き方がありますが、やっぱり土日休みは良いです。

世間と同じスピードで生活している感じはどこか安心しますね。

 

もの×おぐろ pre.「ものくろくらぶ」

さて、先週日曜日の21日に ものくろくらぶ と称してフォトウォークイベントを開催しました◎

企画段階から「誰も参加しなくても2人だけで写真撮りに行こうね」なんて話をしていたのですが、なんと当日は14名の参加を頂きましたー! 皆さまありがとうございました!!

pm1:00 集合は上野駅公園改札前

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

今回も出オチが激しい。ヨドバシの店内でしか見たこと無いカメラが目の前にあります。

はじめて買ったカメラがハッセルブラッドのデジタル一眼レフという猛者の参加。波乱の予感。

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

はじめましての方やいつもの顔ぶれで自己紹介を済ませ、早速お散歩開始です。

pm1:30 上野公園

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

この日は気温も高く、ヒートテックの長袖を来ていったことを後悔してました。新潟ならまだまだGWくらいまでは現役なので気候の差を改めて実感します。

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

早速ビールスポットを発見し飲み始める人たち。

フォトウォークは飲酒してからが本番みたいな所もありますからね。

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

流石に14人でぞろぞろと歩くとあちらこちらに散在してしまうので、ここで2班に分かれます。

 

さて、もの班の面々は不忍池公園方向へ舵を切ります。

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

pm2:30 上野駅周辺

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

アメ横の入り口には「奉祝 令和」の垂れ幕。こうやって平成31年の4月以降、令和元年以内に撮りましたって事が分かる写真はストーリー性があって面白いですよね。

いつも写真を撮る際には その時、そこでしか撮れない光景を大切にしています。

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

JRの高架下では昼間から盛り上がってる人たちも多く、コアな東京の一面を見ることができます。

まだ太陽が高い時間から外でお酒飲めるなんて気持ちいいだろうなぁ。

あやうくピットインしかけそうになりましたが、今回は我慢です。

pm3:00 喫茶「王城」へ

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC

ああ愛しのクリームソーダ。 ああ美しきチョコレートパフェ。

この日はお昼ご飯を食べそこねていたので栄養補給です。これでまだまだ頑張れる。

最近、再び若い人たちを中心に喫茶店やフィルムカメラ・銭湯など、かつて賑わいをみせた文化が再熱してきているのを感じます。高度に情報化の進んだ社会で常に新しいものに囲まれる一方、その逆としてローファイな側面に価値を再定義しているのが私たちミレニアル世代です。

モノを所有するより利用する、経験を重要視する生活様式の一端がいわゆる「インスタ映え」に現れているのかもしれませんね。

pm3:45 御徒町「Lomography+」へ

Sonyα7ii + Voigtländer Nokton40mmF1.4MC
Sonyα7ii + Nikkor 50mm F1.4

ここからマーシャさんとレンズを交換して写真を撮り歩きました。カメラ本体はお揃いのSonyα7iiです。Noktonマルチコートのこってりした色ノリとは大きく変わって、淡白な表現が心地よいです。

Sonyα7ii + Nikkor 50mm F1.4
Sonyα7ii + Nikkor 50mm F1.4
Sonyα7ii + Nikkor 50mm F1.4

ウアモウかわいいよね。

秋葉原駅と御徒町駅のあいだにある「2K540 AKI-OKA ARTISAN」はものづくりをテーマとしたショップやアトリエなどが集まる商業施設です。道を間違えて彷徨っていたら偶然発見しました。

今回は目的地じゃないので軽く流し見るだけでしたが、また今度遊びに来たいと思える施設でした。クラフト系が好きな人にはたまらないかも。

そしてこの後行った「Lomography+」は35mmフィルムの製造を始めとするネガフィルムやカメラを取り扱うオーストリアの企業Lomographyの直営店です。

ContaxTVS

今回もの班でフィルムカメラを持っていたのは私だけでしたが、私を除く全員がフィルムカメラに興味はあるということで、沼に引きずり込むべく行ってきました。

お手軽なものも幅広く取り扱っており、「買える価格帯だから困る、買いそう」ってセリフが飛び出すシーンもありました。

一部の界隈では盛り上がっているフィルムカメラブームも市場全体から見ればごく僅かな規模だといいます。フィルムは文化、その文化を絶やさないためにも私たちの世代はフィルムカメラで写真を撮り続ける必要があります。

Sonyα7ii + Nikkor50mm F1.4

Lomography+を楽しみすぎて再集合時間には若干の遅刻。

それほど楽しんでもらえたということで実質セーフです(ゼロカロリー理論)。

 

実際にイベントを開催してみて

友達であっても、はじめましての人であっても誰かとカメラを持ちながらのお散歩は楽しいですね。

私自身も大学入学前から一眼レフカメラを持ってはいましたが、旅行に行く程度でしか持ち出すことがなく趣味と言うには程遠い存在でした。大学3年の秋にnoza(@nochu_electro )さんという新潟のカリスマのお陰で誰かと写真をとる楽しさを知ることができました。

新潟と東京という環境は変わりますが、私も誰写真に対する新しい楽しみを見つけるお手伝いができればと思いイベントを開催させてもらいました。

今後も私たちがどこで暮らそうとイベントは続けていくでしょう。たとえ参加者が2人だけでも。

 

今回参加できなかった方も、次回のイベントで一緒に写真撮りましょう◎

最後に今回 #ものくろくらぶ の参加レポートを書いてくれた諸氏の記事をご紹介。

▷Shinyaさん

▷マメシボリさん

 

次回は夏の暑くなりはじめた頃に川越で開催予定です(仮)!