ものろぐ

α7ii片手に、秋の南信州へ -その1-

こんにちは、もの(@ja9930)です。

10月の末に、親族の集まりで南信州へ行ってきました。

初日は蓼科、2日目は祖父の生まれ故郷 伊那市へ。

今回は初日に美ヶ原で撮った写真たちを秋らしく仕上げてみました。

 

sonyα7ii+SEL35F28Z

どこまでも続く山々。ふだん越後平野を見慣れている僕らには珍しい光景で

奥には富士山が見えたはずなんだけど…うまく写らなかったみたい。

 

sonyα7ii+SEL35F28Z

美ヶ原のグライダー滑空場のすぐそば。

標高2000mもあるこのあたりは 木々が一切なく視界を遮るものがない。

おかげで今度こそ富士山が見える!(探してみてね)

 

sonyα7ii+SEL35F28Z

僕がカメラを始めるきっかけになったじいちゃん。

去年買い換えたピカピカのカメラで 何とか富士山を捉えようとしている図。

1つのカメラを愛用するより、ポンポン乗り換えるタイプのひと。

 

sonyα7ii+SEL35F28Z

木々も草も 生き生きとしているというよりかは 落ち着きが感じられるほど。

編集してて気づいたけど、雲が近いな!

 

sonyα7ii+SEL35F28Z

富士見台のドライブインで食べられるソフトクリーム。

バニラとミックスなのはなんと ブルーベリー。なかなかのレアもの。

天気良し、景色良し、味良し。

 

最近の新潟は風が強く冬の訪れを感じてきてます。

どんよりとした天気の冬がやってくる、憂鬱だなあ。

それでは、今回はこのへんで。

 

↓よかったらTwitterフォロー待ってます!↓