ものろぐ

AirAsiaでボラカイ島最寄りのカティクラン空港へ!|マブハイ的 卒業旅行vol.3

こんにちは。もの(@monono_16)です。

帰国してもう1週間が経ちました、早い早い。

▷前回までの記事はこちらから

マニラに到着!早速ローカル飯を堪能|マブハイ的 卒業旅行vol.2

フィリピン航空で成田→マニラへ|マブハイ的 卒業旅行vol.1 出発編

 

早朝、マニラ空港(NAIA)へ

FujifilmX100F

現在は朝の6時、マニラ近郊よりおはようございます。

僕らのフライトは午前10:55発。事前に届いていたAirasiaのメールに「4時間前にはマニラ空港に到着していることをおすすめするよ!」とあった記述を素直に信じ込み早起きすることになりました。

FujifilmX100F

空港までの移動は今回もGrab。色んな人の車に乗せてもらうのも楽しみの内の一つです。

「日差し眩しいだろ?これで防げるよ」ってフロントガラスに謎の黒いシートを貼ってくれました。何というか…すごく原始的です…。

FujifilmX100F

こちらマニラ空港、国内線第4ターミナル。

見事にすることがない。

カフェ作るなり、レストラン作るなりすればそこそこ人気出る気がするのに、そこに用意されているのはただっぴろいベンチの列。

今後、ボラカイ島の人気が高まったときにNAIAの第4ターミナルを利用する人は増えていくような気がするので、このターミナルに関する記事はまた別途書きたいと思います。

FujifilmX100F

おやつ買おうと思ったら休憩中だった。ゆるい。

FujifilmX100F
FujifilmX100F

海外でミスタードーナツ見たのは初めてなような気がします。大体CrispyCremeやDUNKIN DONUTSとか。

フィリピンのミスドは安くて、大体のものが50〜60円で買えちゃいます。

FujifilmX100F

あとSIMカード売り場で謎のプロモーションやってました。おそらくはフリーのトラベラーズSIMカードをプレゼントするって企画なんでしょうけど…

「負荷を購入」の原文が何だったのか気になります。

3時間の暇つぶしを経て やっと搭乗開始!

FujifilmX100F

長かった暇つぶしタイムもついに終了、ほぼ定刻で搭乗開始です。

FujifilmX100F
FujifilmX100F

東南アジアの翼、AirAsiaでボラカイ島最寄りのカティクラン空港へ向かいます。

FujifilmX100F

定刻で搭乗したのに、出発待ちで離陸まで30分くらい掛かりました。

実際の飛行時間40分、地上走行40分って感じです。近い!

カティクラン空港へ到着します

FujifilmX100F

着いたぞ南国トロピカルリゾート〜〜〜〜

ってあれ、何だか思ってた天気と違う。

FujifilmX100F

海はきれいなんだけど、何というか、空が晴れてない。

もっと澄み渡る青空、照らす太陽、透き通る大海原…みたいなのを想像してました。

どうやらその日は午前中まで雨が降っていたらしく、これからは晴れると予報に出ていました。

FujifilmX100F
FujifilmX100F

ちなみにカティクラン空港、とても小さいので荷物受け取りのターンテーブルは無く、カートで運ばれてきた荷物を人力で荷降ろしするという何ともアナログな手法でした。

FujifilmX100F
FujifilmX100F

お腹が空いたので道端にあった商店で肉まんを買いました。

この旅行中に何度も見かけることになったのですが、フィリピンでは比較的どこでも肉まんを目にすることになります。シュウマイと並んで国民的なおやつなのかしら。

FujifilmX100F
FujifilmX100F

最後にカティクラン港からボートに乗ってボラカイ島まで渡ります。

やっぱり天気は良くない。

FujifilmX100F

「安全性ってなんだろう?」ってレベルの船です。そこもまた東南アジアを旅行する醍醐味。

FujifilmX100F
FujifilmX100F

なんだか海が綺麗になってきた気がする…!

何はともあれボラカイ島到着です◎

日本を出発して約1日。距離的にはそう遠くないですが乗り換えの手間が多いためずいぶんと遠くまで来たような気になります。

 

次の記事では念願のビーチにご対面。お楽しみに。