リュックひとつでぷらっと熊本へ

リュックひとつでぷらっと熊本へ

2021年7月23日
X-S10

こんにちは、もの(@monono_16)です。

久しぶりにwordpressの管理画面にログインして懐かしさを覚えるとともに、どこがどうなってるんだっけ…って忘れかけてた。記事作成の画面開いて、便利なのは分かるんだけど相変わらずブロックエディタ慣れないなーなんて思いながらPCと向き合っている所です。

一時期コメント欄にめちゃくちゃスパムコメントがついてた時期があって、そこからあーブログ面倒だなって思い始めてたんだと思う。結局収まったけど、何が原因だったんだろう。

最近はありがたい事に仕事も増え、月の2/3程は昼夜を問わずバタバタとした生活を送っています。意識して休みを取らないと延々仕事はある、みたいな状況。まあ月に数日は意識した休みを取ろう、ということでちょっとお出かけしてきたお話です。

九州新幹線はもっと使わなきゃって思った

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

鹿児島へ引っ越してきてあっという間に1年半、そういえばまだ九州新幹線って乗ったこと無くて。まあ時勢柄旅行に出にくかったというのもあるんだけど。鹿児島から熊本・佐賀を通って福岡まで2時間で結ぶ九州の大動脈はもっと活用しながら旅をしたいなと思っています。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

新幹線に乗る時はホットコーヒーを片手に。大学時代に就活で新潟と東京を毎週往復していたときからのルーティンです。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

って言いながら買ったのアイスコーヒーだったわ。夏だから仕方ない。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

熊本までびゅーんと1時間。

旅行の醍醐味は飲むこと・食べること

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

熊本では仲良しのkeikoさん(@keiko_mini32)が遊んでくれました。確かこれは椅子の後ろに立って、最短焦点距離1mのところからハンバーガーを撮っていたところ。

写真1枚からだけでは伝わらない、努力が裏側にはあるもんです。このツイートにいいねを押してくれた人の数だけ「あるある」が詰まっているんだと思う。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

ずっと行ってみたかった珈琲回廊さんへ。お店の入り口にある暖簾をくぐった瞬間から焙煎香に包まれる、なんとも気持ち良い空間でした。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

相手に対してきちんとひと声かけてから撮ることで、物理的にも心理的にも一歩近づいた写真が撮れる。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

そして沼へ沈められそうになる

「Leicaはこれからもどんどん値上がりしていくだろうし、現金で持っておくより資産価値上がるんだから買ったほうが良いんじゃない?」なんて、金融屋も真っ青な口説き文句で言葉巧みに誘われる私。

カメラは沢山持とうとも、腕は2本、ファインダー覗ける目は1つだからな…

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

沢山歩いた最後はスパイスカレーとクラフトビールで〆。まあなんと素晴らしい休日なのでしょう。

Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR
Fujifilm X-S10 × XF16mm F2.8 R WR

知らない街を歩く。この感覚がひどく懐かしく、東京や名古屋のように行き慣れた土地も楽しいけれど、まだ行ったことのない街はワクワクさが段違い。これからも歩みを止めず、色んな街を見て回ろう、歩いて回ろうと改めて実感できた日になりました。

九州新幹線を軸に佐賀や長崎、大分にも足を伸ばしてみたいなー。鹿児島へいるうちにどんどん行ってみよう。

記事内で使用している機材