ものろぐ

晴天のボラカイ島を散策!|マブハイ的 卒業旅行vol.4

こんにちは!ものです。

横浜では春のイベントCP+が開催されていますね!

Twitterには平日なのにも関わらず、当たり前のように参加報告が続々とUPされてるのを見て世間の不思議さを感じているところです。

実際に会場に行った人のレビューを読んでるとGRiiiが欲しくなるなあ…欲しい…

現状、初ボーナスでGRiiiを購入予定です。(あくまで現状:2019/03/01 です)

 

さて、今回も引き続きフィリピン旅行記を書いていきます。

▷前回までの記事はこちらから

 


ついに晴れた…!

FujifilmX100F

晴れた―!この景色を見たかったんだ!

白くて細かな砂浜はまるで小麦粉のようでした。素足で歩くと、とても気持ちいい。

砂といえば茶色いもの、って考えに新たな1ページが加えられましたね。

FujifilmX100F

そして海の色もこんなにグラデーションがあるとは…

手前の方なんて透明ですからね、よくよく考えてみると海水って基本的に透明なんですけどね。

透明な海水を見れる機会ってなかなか無いじゃないですか、南国ならではです。

FujifilmX100F

午後になると日差しは更に強くなるので、みんなヤシの木の木陰でゆっくりします

ヤシの木の木陰でゆっくりする、って見事なほどの南国ワードじゃないですか??

FujifilmX100F

日差しが強いのでサングラス必須です。ちなみに僕は忘れていきました。

でも安心、スーパーや土産物店で購入することが出来ます。

基本的に浮かれたフォルムのサングラスが多め。無難なものを着用したい人は日本から持っていくようにしましょう。笑

ちなみに僕は日焼け止めすら持っていくのを忘れたので現地調達しました。

FujifilmX100F

道歩いてたら猫が転がってました。フィリピンは他の東南アジアの国に比べて猫が多かったイメージです。

ヘナタトゥー体験!

FujifilmX100F
FujifilmX100F

海岸沿いの通りに多く出ている出店では、ヘナタトゥーの体験もできます。

ヘナタトゥーは通常のタトゥーとは違い、ボディペイントの一種。砂漠に生育するヘナと呼ばれる植物の葉をペースト状にしたもので人間の皮膚に色素を定着させるものです。

日常生活で衣服との擦れやお風呂に入っているうちに約1ヶ月ほどで落ちます。安心。

FujifilmX100F
FujifilmX100F
FujifilmX100F

友人らがヘナタトゥー体験をしている間、ボラカイ島で人気のHALOMANGOというお店に行ってきました。

「まるでマンゴーを食べているかのよう」が売りのこのお店はいつ通っても行列が絶えません。

マンゴーアイスの上にカットされたマンゴーが載っているMANGO HOLICを食べました。

マンゴーアイスって初めて食べたかも、新食感。堪らん。毎日食べたい。

FujifilmX100F

開放的なテラス席でゆっくり寛げるのも東南アジアらしくていいですね。

全体的に色彩感が日本と似ているのも過ごしやすい点なのかもしれません。

これが緯度的に近くても中南米だともっと鮮やかな色が多く目に付きますから。

FujifilmX100F

今回宿泊した Jony’s Beach Resort はビーチまで徒歩1分の好立地!

白壁のデザインも洗練されてて素敵でした。

FujifilmX100F

海まで近いといつでも遊びに行けて良いですね。

一人旅じゃなかなか出来ない経験を多くした今回の旅行でした。

 

フィリピン旅行記、まだまだ続きます!

お付き合いよろしくお願いしまーす!